Blog&column
ブログ・コラム

キッチンのリフォームは何年で行うべきなのか?

query_builder 2023/08/01
コラム
51
キッチンは設置された時期に応じて、安全に使える目安としてが設けられているのが「耐用年数」です。
これを過ぎると交換や改修が必要になり、そのまま使い続けると故障の原因になる場合も。
今回はキッチンのリフォームは何年で行うべきなのか、ご説明させていただきます。

▼キッチンのリフォームは何年で行うべきなのか
キッチンのリフォームは、基本的に「10年」で行うのがベストです。
10年以上経過すると、目に見えない部分で劣化・故障などが少しずつ増えていきます。
故障したからといって修理するよりも、全体をリフォームした方が費用を押さえられる場合もあります。

リフォームを検討する例
■使い勝手が悪い
キッチンは毎日のように使う場所なので、使い心地は最も重要です。
使い勝手が悪いキッチンでの料理は、姿勢や動線でのストレスを抱えやすくなります。
長い目で見て快適に料理を楽しみたいのであれば、リフォームを検討してみましょう。

■家族が増えた
出産などで家族が増えると、料理の量や洗い物も自然と増えていきます。
狭いキッチンのままでは大変なので、効率や利便性を考えるとを検討する必要があるかもしれません。

▼まとめ
キッチンのリフォーム時期はおよそ「10年」とされており、これ以上経過すると徐々に故障・劣化などが進んでいきます。
「使い勝手が悪い」「家族が増えた」という場合も、リフォームを検討する時期が来たと考えても良いでしょう。
「株式会社OBIONE」は、大津市でエアコンクリーニングや住宅のリフォームを承っております。
リフォームに関するお悩み事がありましたら、ぜひ気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログUPしていきます!!

    query_builder 2022/03/03
  • ドレンホースの掃除方法を分かりやすく解説

    query_builder 2024/02/01
  • ドレンホース交換時のポイントについて

    query_builder 2024/01/02
  • ドレンホースの詰まりの原因について

    query_builder 2023/12/01
  • トイレの交換時期について

    query_builder 2023/11/03

CATEGORY

ARCHIVE